公開:落とし合いL

Love2dの習作として、ゲームをひとつ公開しました
落とし合いLです。LはLÖVEだったりLuaだったり。

JavascriptへのコンパイラであるEmscriptenを使ったLove.jsを使うとブラウザで動作するものが作れるらしいので、上のリンクはそのテストも兼ねてブラウザ版です。
ブラウザや設定次第で動かない場合もあるかと思いますが、スマートフォンからでも動作するようです(iPhone7で確認)。

こちらが確認した限りでは60FPS結構サクサク動きますね。シンプルなゲームなら十分いけそう。
PCからだとキーボード入力が出来る一方で携帯端末だとタッチ操作をすることになるため、今回みたいなアクション系だと操作感が大きく変わってくるのが難しいところです。
落とし合いLでは指を左右に動かすとその方向に移動、という形にしました。慣れればそこそこいける……?
また操作をシンプルにするため前作にあった方向キー二度押しのダッシュ/急ブレーキコマンドはありません。面倒だったとも言う。

操作性の他にタッチ操作の問題点として、キャンバスの外の部分をタップしてしまうと思わぬ場面で画面が上下にスクロールしたり前のページに戻ろうとしてしまう現象がそこそこ発生しやすいこともあります。PCゲーム(スーパーフックガールとか)でもウィンドウ外をクリックして画面が見えなくなったりすることがありますが、それに近い問題ですね。
シビアなゲームの場合はフォーカスが外れた際にポーズをかけるような処理が必要になりそうです。

今回は画面サイズは640×480(過去の落とし合いの2倍)固定で、携帯端末の場合は画面が横幅一杯に収まるようにHTML側で設定をしています。横縦比が4:3なので、縦長の端末で画面を横向きにすると、横幅が画面に合わされて上下が画面に収まらなくなってしまいます。
横長の画面の場合は縦幅を画面に合わせるような設定にできそうですが未検証です。縦長のSTGならともかく、縦横どちらでもプレイできる画面サイズの場合はしっかり設定する必要がありますね。


Love2dでさくっとゲーム作るという目的として、一週間くらいで動くものが作れたので今回は成功とします。壁との当たり判定が怪しいとか細かい部分は気にしない。
音楽や画像を気にしだすと一向に完成しなくなりがちなので、それらを使わないと決めてしまえばさくさく度は大きく上がりますね。画像が無いからとエフェクト等にこだわりだすと切りがないのでそこそこに。

下準備がある程度必要ですが、Love2dでスマートフォンに加えてブラウザで動かすこともできることが分かったのは収穫でした。データの保存処理に関しては調べていませんが、ブラウザ版でも保存できるんでしょうかねー。ついでに言えばTwitter等のSNS連携とか。

折角ブラウザゲームを作ってみたので、ついでにページ内にツイートボタンも試しに置いてみようかと思案中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です