くろがね

時期はブラックフライデー、音楽制作用プラグインメーカーも多くが一年で最も大きなセールを開催する季節になりました。
先日Kontakt5をクロスグレード価格の半額で購入したNative Instrumentsも、早い段階からサンクスギビング・セールと称して多くのプラグインが半額となっていました。

今年10月ごろにバージョンアップされたKontakt6も半額でセールされています。…が、半額になっているのは新規購入の場合だけ(24,900円)でクロスグレードやアップグレード版の価格はそのままであるようです。そもそもクロスグレード価格が用意されてなさげ?
Kontakt6自体が先日発売されたばかりなので、さすがにいきなりアップグレード半額とはいかないみたいですね。それでも半額で買えるのはとても大きいセールです。値段だけで言えばKontakt5を買ったタイミングは良かったのかも。

NI社の数多くの音源が(新規購入)半額となっているのに対し、各種音源をまとめたパックであるKomplete12は無印版の定価で69,800円。
詰め合わせのKompleteはその分値段が高い上に容量がものすごい(スタンダード版で220GB以上)ので、欲しい音源がピンポントである場合はそれだけを購入するのが基本戦略となります。
個人的にはシンセサイザーのMassiveとFM8、あとピアノのAlicia’s Keysが特に気になっていたり。仮にこの3つを買うとすると、半額の状態で計25200円。安いとはいえ懐事情を考えると大きめ。
ここで改めてKonplete12を見てみると、Kontakt5を持っている場合のアップグレード版が44,800円とあります。3つのプラグインを買うのに25200円を出すことを考えると、その何倍もの種類の音源が入ったKomplete12に44,800円を出す方が圧倒的にお得…?
Kontakt12のバージョンごとの比較表を眺めながら思案中。

気になっている音源のうち、MASSIVEとFM8は無印のKomplete12に収録されています。Komplete12は来年2月にMASSIVE Xがリリース予定とのことで、MASSIVEを単体で買うのは気分的に勿体ない感じ。それならばプラグイン単体ではなくKompleteの方を買った方がよさそうです。すぐに必要なプラグインではないので、アップグレード版のセールが来る(?)ことを期待して今は見送るのが吉かも。
一方Alicia’s KeysはKOMPLETE 12 ULTIMATE以上のバージョンに収録されています。ULTIMATEはアップグレード価格でも109,800円なので、流石に気軽に買う値段ではありません。であれば、Alicia’s Keysは単体プラグインを半額の6,400円で買うのがお得。

…と考え、とりあえずピアノ音源ひとつを買うことになりそうです。安いからと音源を買っていっても使いこなせないと意味がないですし。今まで買った音源を使いこなせているか、はまた別の話。
このセールの中で何かを買うのであれば、ULTIMATE版以上にのみ収録されている音源を選ぶとお得度が高そうです。

ほかのメーカーで気になっているのはAAS社のCHROMAPHONE 2(60%OFF)とかiZotopeのOzone 8 StandardとNeutron 2 Standardのセットが70%OFFの149USDとか。
いくら年に一度のセールとは云え、決して安い買い物ではないので懐事情を考えながら慎重に選びたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です