BEMANIの行方

(2017/12/31追記: 続報?を書きました)

音楽ゲームを作っている各社間で楽曲を交換したりする大会「天下一音ゲ祭」が近いうちに行われるようです。
大会に先行して各機種で配信される楽曲もサイト上で確認できます。

このページ上で確認できる楽曲一覧なんですが、コナミのBEMANIに関連する曲のみアーティスト表記が「-」「BEMANI Sound Team」と個人名が伏せられている状態となっています。
伏せられている二曲とも、公開直後は「cosMo VS dj TAKA」「TAG」と作曲名が表記されており、それぞれのコメントも記載されていたのですが、暫くして何故か名前が伏せられ、コメントも「©Konami Amusement」名義でのコメントに変更された状態になりました。

GERBERAのコメントを見ると「個人の見解」という言葉が見られることから「BEMANI Sound Team」もしくは「Konami Amusement」が実は個人であると考えることもできます。それはさておき。
BEMANIブランドの所属アーティスト名については、どうも今年の7月頃から公式のファンサイトからも名前が確認できない状態になっているようで、KONAMIお客様相談室によると「社内の事情により、アーティスト名の掲載を行っておりません」とのこと。レーベルの所属アーティストが全員「BEMANI Sound Team」になってしまうとそれはレーベルとして意味を成さない状態であるため、実質的にbeatnation Recordsは解散状態なのではないかと想像してしまうところです。

社内の事情が何なのかと言うと、アーケードゲームの事業がコナミデジタルエンタテインメント社からコナミアミューズメント社に移ったためではないかなどと言われたりしていますが、公式からのアナウンスが何もない為想像に任せるしかありません。
ウェブ上の情報は丁寧に曲のジャケット画像からも名前部分を消すなど徹底して対応されているものの、実際のゲーム中では作曲者名は表示されており、「事情」は今のところインターネット上の情報のみに適用されているようです。

ゲーム上では名前が見えるので今後の展開に大きな影響はないといいのですが、インターネット上で名前が出せなくなることによる影響を少し考えてみました。

アーティストごとの個人アルバムが今後出なくなる
今までbeatnation Records所属のアーティストからソロアルバムが出ていましたが、今後は「BEMANI Sound Team」になるためソロ活動は不可能になりそうです。
アーティスト名に由来するコースや隠し等を仕込めなくなる
ゲーム内に仕込む分には問題はなさそうですが、公式サイトで「L.E.D.-Gコースを追加しました!」等の告知をすることが出来なくなるため、結果的にゲーム内にも組み込めなくなると思われます。
アーティスト名ソートができなくなる
ゲーム内では各人の名前が表示されていても、インターネット上では全て「BEMANI Sound Team」扱いになるためせいぜい「コナミオリジナル」の括りでしかソートできなくなる可能性が無きにしも匪ず。
単純に告知に困る
「あのBEMANI Sound Teamの楽曲が追加!」とか「BEMANI Sound Teamリミックスコンテスト」みたいになる。ZUNTATAみたいなものと思えば。
メンバーが増えたり減ったりしても分からない
個人の名義を伏せる狙いの一つでもありそう。

・・・ほぼ告知の問題ですね。
公式によるアナウンスがなく憶測が広まるという点では先日のけものフレンズ騒動と同じようなものではありますが、名前を出さないことによるいい影響を考えることが難しいというのは何とも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です