くろがね

時期はブラックフライデー、音楽制作用プラグインメーカーも多くが一年で最も大きなセールを開催する季節になりました。
先日Kontakt5をクロスグレード価格の半額で購入したNative Instrumentsも、早い段階からサンクスギビング・セールと称して多くのプラグインが半額となっていました。

今年10月ごろにバージョンアップされたKontakt6も半額でセールされています。…が、半額になっているのは新規購入の場合だけ(24,900円)でクロスグレードやアップグレード版の価格はそのままであるようです。そもそもクロスグレード価格が用意されてなさげ?
Kontakt6自体が先日発売されたばかりなので、さすがにいきなりアップグレード半額とはいかないみたいですね。それでも半額で買えるのはとても大きいセールです。値段だけで言えばKontakt5を買ったタイミングは良かったのかも。

NI社の数多くの音源が(新規購入)半額となっているのに対し、各種音源をまとめたパックであるKomplete12は無印版の定価で69,800円。
詰め合わせのKompleteはその分値段が高い上に容量がものすごい(スタンダード版で220GB以上)ので、欲しい音源がピンポントである場合はそれだけを購入するのが基本戦略となります。
個人的にはシンセサイザーのMassiveとFM8、あとピアノのAlicia’s Keysが特に気になっていたり。仮にこの3つを買うとすると、半額の状態で計25200円。安いとはいえ懐事情を考えると大きめ。
ここで改めてKonplete12を見てみると、Kontakt5を持っている場合のアップグレード版が44,800円とあります。3つのプラグインを買うのに25200円を出すことを考えると、その何倍もの種類の音源が入ったKomplete12に44,800円を出す方が圧倒的にお得…?
Kontakt12のバージョンごとの比較表を眺めながら思案中。
続きを読む くろがね

キーボード掃除の段

このところ、PCのキーボードのスペースキーを押したときだけ他のキーと感触が違い、押した感触が弱くぬもっとした感じになっていました。恐らく数か月前に飲み物をキーボードの手前側にこぼしてしまったのが原因。
以前から汚れがたまっているのは分かっていたのですが、たまにキーの間をブラシなどで掃いたとしても底の方まではなかなか掃除できるものではありません。
先のワンキーゲームでも使うキーであり、今回ついにキーボードの操作感にまで影響を及ぼすほどになってしまったので、本格的にキーボードの底を掃除することにしました。

とはいえキートップを外す器具は手元に無し。代わりにマイナスドライバーを使えるという情報を見かけるので、早速マイナスドライバーをスペースバーの隙間にイン。…あっさり外れました。特に壊れた様子もなし。
キーボードの底の掃除は綿棒と消毒用アルコール。本来なら無水アルコールを使うのがいいのでしょうけれども、やはり手元にないのと精密機器でもないので恐らく大丈夫でしょう。
汚れの粘度は結構なベタベタ具合でしたが、アルコールで拭いてだいぶきれいになりました。
ある程度きれいになったところでキートップを戻してスペースバーを押す。他のキーと同様の感触ok。

目立つ汚れはキーボードの最下段の半分程度までの範囲だったので、同様に他の最下段のキーも外して一通り拭いてしまいました。ひとつ掃除してしまえば残りは勢いで進めてしまいますね。
最下段のべたつき問題が解消したところで掃除は完了としました。
続きを読む キーボード掃除の段

3分ゲー21

第21回3分ゲーコンテストの応募受付が始まっていました。
このタイミングなので以前に少しずつ作りかけていたワンキーゲームを投稿出来たらいいな、と考えています。…ここ数か月手を付けられていませんが、現状でだいたい形になっているので今月中には何とかなるはず。

コンテスト自体も一度休止したのち、前回の第20回からも大分間が開いての開催となる形ですね。
小さいゲームを公開する動機としてもいい機会なので、出すことを目的に気負わず進めていきたいところ。