Apple Storeで機種変更の巻

使っていたiPhone7にそろそろ空き容量とバッテリーの限界が見えていたため、先日SE(第3世代)に機種変更をしました。

当時は32GBの容量でも十分だったのですが、機種変更前は平均して300MBも空いていない状況が半年以上続いており、ついにはMacにバックアップを取るためのiPhone側の容量が足りないという有様だったため、ついに128GBの新機種に替えることになりました。今では32GBは選択肢にも無いんですよねー。
バッテリー最大容量は66%(Appleスタッフに「入院レベル」と言われた)で、こちらはバッテリーを携帯していれば致命的ではないレベルでした。


携帯電話の機種を変更する方法はいくつかあり、各キャリアとも自宅受け取りを選択すると若干料金が安くなるようです。
iPhoneの場合はAppleのショップでも(主要キャリアなら?)機種変更ができるということで、価格を見てみると同じ機種でも各キャリアより割安な設定でした。
さらに自宅で受け取るよりもApple Storeに向かう方が8800円安くなる(実際には事務手数料がかかるので5000円引きくらい)ということで、今回はApple Storeで機種変更することにしました。

変更先の端末はiPhone SE(第3世代)。
iPhone 13は単純に大きすぎる気がするのと、一向にTouch IDが搭載される気配がないため選択肢からは外れていました。

そして来店の予約をAppleのサイトから行おうとしたら、途中の確認コードを入力する場面で何度試しても画面が真っ白のまま進めなくなってしまい。そういえばAppもあったなとApp Storeを起動してみたらあっさりと予約完了できてしまいました。
予約がいっぱいなのかと思ったら直近の週末が問題なく空いていてちょっと意外でした。


後日Apple Storeに出向いてからはスムーズに手続きが進み、代金を一括払いしたら新機種にSIMカードを入れ替えてもらい機種変更が完了しました。キャリアのショップだとオプションがいろいろついたり強制的に分割払いになったりしそうなところ、ここはシンプルでいいですね。

その後新しいiPhoneはほぼまっさらな状態なので、帰ってからバックアップを復元しようかと思ったら新旧のiPhoneを近づけるだけで自動でデータ移行してくれる機能があるんですねー。
喫茶店に入って2台を並べて放置するだけで各種データが見事に移行されてました。これは便利。

以降、新しいiPhone SEを特に違和感なく使用できています。
……iPhone7とほぼ同じ大きさで、カバーも今まで使っていたものがそのまま入ったのであまりに変化がなさすぎて機種変更した感が薄いという感じがあります。
5Gが入ったりiOSが最新のものだったり、メモリが増えた(はず)影響で以前より動作が快適になったという違いは実際大きいのですけどね。しばらくは空き容量を気にする必要がないというだけでも大きな進歩です。

128GBという容量も以前の4倍ではあるのですが、最近のスマートフォン用ゲームはリッチなものだと総データが8GBを超えたりするので、ゲームをたくさん入れるスタイルの場合はゲームの数としてはそれほど変わらないこともありそうです。
ストア上だとゲーム容量が数百MBなのに、いざ起動してみると数GBのデータをダウンロードし始めるのは正直どうかと思います。ウマ娘とか原神とか(どっちも未プレイ)。ストアには実際に遊ぶ時に必要になる容量の目安も記載してもらいたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。