グルーヴコースター4 スターライトロード

6月に入りました。
それとは特に関係なく、音楽ゲームのグルーヴコースター4は3月29日に稼動を開始して2か月ほどが経ちました。

このゲームは比較的よくプレイしており、現行の音楽ゲームの中では一番大きい段位(五万段)を持っています。真とか神とかはないものとします。

さてシリーズ4作目となるこの作品ですが、曲の難度表記が今までの10段階から15段階になるという大きな変更が加えられました。
さらに11以上の難度は一つ下の難易度でS以上の評価を取得することで解禁できるシステムも追加。
つまりカードを使わないプレイでは10→11→12とプレイして難度12までしかプレイできないシステムになったというわけですね(未確認)。
自分の場合は4稼動開始時に難度15の譜面を選択できませんでした。13まではS評価を取れていたようでです。

このシステムは、公式いわく「難易度を選択する際に間違いを防ぎます。」という目的で追加されたようです。
前作の3EXにおいて、最高難度のレベル10の中で特に難しい曲に「超高難易度注意!」のマークを付けて注意を促していたのをさらに親切にした形ですね。

しかし1クレジットのうち1回は高難度曲に特攻したい場合もあるわけで、いかなる場合も制限以上の難度を選択できないこのシステムは過保護ではないかと思っています。
怪談のHARD譜面に挑戦できなかったのもこれが原因だったこともあり、せめてクレジット内の最後の選曲では制限なく選べるようにして欲しいところです。他社のゲームだとbeatmaniaIIDXやBeatStream(初代)が最後の曲で無制限に選曲が可能となるタイプのレベル制限形式をとっています。

レベル14でのS評価は、Black minDのHARD譜面にSUPER SAFEをつけてFULL CHAINを出すことでなんとか達成しました。
同レベルの中では複雑なスライドもないため、個人的にはこれが楽ではないかと思っています。
その他の候補だとGLITHCRE(連打が間に合えばそれ以外でのミスは出にくい)や東方外魔伝(中盤の円形3連打部分を頑張る)あたりでしょうか。
リズムさえ把握できていればGot recover runもNO MISS以上を出しやすいでしょう(挑戦した限りだとスコアが足りずAランク止まりでした)。


それ以外の変更点として、3EX以前に比べて「背景に使われるメッシュの最小間隔が細かくなった」印象を受けるのですが、実際のところはどうなのでしょう?
トリノコシティの背景で「TORINOKO CITY」と表示されるところあたりの文字の細さ・滑らかさは以前には無かったような気がします。
・・・あくまで「止まれ」や「大天才」の文字と比較したときにそう感じたという話なので、まず思い違いだとは思います。


もうひとつ、これも思い過ごしであるかも知れませんが「新規収録曲にボタン音がシャンシャン音(タンバリンだかハイハット)の譜面が増えた」気がします。
魂音泉の曲でよく使われる印象のあるアレです。
今までだとボーカルに合わせてメロディのシンセ音が鳴るような箇所でもシャンシャンと音が鳴っていることが多いように思われます。
新規でボタン音を用意すると音源を作る手間や曲に手を加える手間がかかるのはそうなのですが、個人的なポップンミュージックのプレイ頻度が落ちた理由に「ボタンを押しても音が鳴らない曲が増えた」があるだけに、グルーヴコースターも同じ展開にならないかと今後の動向にちょっと不安を抱いています。


これは些細な変更ですが、4が稼動して最初の東方イベントの途中かどこかのタイミングのアップデートで、一部のUIの画像が変わりました。
このアップデートでフォルダ名を示す箇所の色味が変わったり「NOW LOAIDING…」表示の「…」部分のテクスチャの右端が欠けて表示されている部分が改善されたりしました。
ゲームプレイに特に影響はありません。

アップデートでUIが修正された例といえば、他のゲームでも

  • 悠久のリフレシアのコンティニュー画面のボタン背景がアップデートによりアニメーションするようになったり
  • DANCERUSH STARDOMの◇形のボタンアイコンから広がる波紋テクスチャが□の範囲内で途切れていたものがアップデートにより◇形のままグラデーションするようになったり

というものを確認しています。
気になる箇所がこっそり修正されていることに気付くとすっきりしますね。


個人的にグルーヴコースターで不満に思っているものに「斜めスライド」があります。
これに関する仕様は前作3EXから特に変更点はないようですが、思うところがあるので気が向いたら後日何かしら書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です