ツール(WaveEffectSplit-er)公開&BeMidiSlicer更新

前回の更新が1月6日で、今日が3月3日です。
1月が行くどころか2月が完全に逃げてしまいましたね。なんとも早。

さて、WaveEffectSplit-erなるツールを公開しました。
変な名前ですがWavファイルを無音部分で分割するというありがちなツールです。
自分用のツールなので他の人が使えるかは分かりませんが、折角なのでGUIとして形を整えてみたという感じですね。

このツールと同時に、以前見切り公開していたBeMidiSlicerも更新しました。
こちらも自分用ツールなのですが、こちらの更新の方がメインです。
更新内容は

  • BPM変化がある際の出力ミス修正
  • コントロールチェンジに対応(動作未確認)
  • ウィンドウサイズが可変になった

という感じ。この更新でGUIがある程度作りやすくなったので、先のWaveEffectSplit-erを併せて作ったようなものです。

コントロールチェンジには対応しましたが、RPNやNRPNには対応していません。
後のバージョンアップで対応する……のかは分かりません。
目下更新したいところとしては、設定が保存されたテキストファイルをJSONかTOML形式あたりにしたいというところ。
近いうちにMidi2.0の仕様も定まりそうで、そちらに対応する必要もあるのでしょうかねー。


さて自分用ツールを使って何うするのかといえば、これらを使って以前から作ろうとしていた(数年間何も進んでいない)音楽ゲーム的なものを進めるきっかけにしよう、という魂胆があります。

BMS出力機能があるので、これを使えば

  1. BeMidiSlicerでMidiをバラバラにする + BMSファイルを出力
  2. DAWでバラバラにされたパートごとに音声データを書き出す
  3. WaveEffectSplit-erで書き出された音声を分割する

といった手順で音切りができ、正しく再生できるかの確認が可能です。多分。

実際にゲームに組み込む際のフォーマットは別物にするつもりですが、足掛かりにはなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です