BSOP 0.6

先日公開したBe-Sequence Object Placer(BSOP)をVer.0.6に更新しました。
大きな違いは(だいだいの)日本語を含むファイル名を扱えるようになったことと9/14KEYS対応、描画処理の負荷軽減となります。

ついでにLÖVEの標準のフォントでは日本語を扱えないため、MigMIX 1Mをファイルに含めました。
ちなみにÖの字はShift-JISで扱えないので正しく読み込めません。


日本語のファイルを読み込めなかった理由は、Love2dと云うかLuaで使われる文字コードがUTF-8なのに対してWindowsで扱うファイル名がShift-JIS(CP932)であり、文字コードの変換が必要であるからでした。

ウィンドウにファイルをドロップした時に渡されるファイル名がShiftJISで、lua内でファイルを開くときのファイル名がUTF-8である必要があるため、必要な変換はShift-JIS→UTF8のみでよさそうです。
文字コードの対応表を作って1文字ずつ置き換えていけば変換完了。その表を作ったり読み込んだりに手間がかかるわけですけれども。

何よりひと手間が必要だったことはUTF-8の文字を読む部分。
UTF-8は文字の最初のバイトを読むことで1文字が何バイトあるかを判断することができ、その判定にはビット演算を使います。
しかしLove2dで使用されているLua5.1ではビット演算の機能が用意されていないため、andやorにあたる計算を自前で用意する必要がありました。

Lua5.2ではbit32というライブラリを使えばビット演算ができるようになったようで、さらにその次のLua5.3では論理積やビットシフトを行えるビット演算子が組み込まれたようです。
Lua5.1にそのような機能はないので、2で割って切り捨てる計算を地道に繰り返す必要があるのでした。

ゲームを作るうえでビット演算の出番は決して少なくないと思うので、Love2d側でも何かしらサポートしてほしいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です