戦略的にKONTAKTを買う場合のメモ

DTMをする上で好い感じの無料音源を見つけたと思ったらKONTAKT PLAYER非対応だった、という出来事がままあるNative Instrument社のサンプラーのKONTAKT
自分自身は過去の投稿でKONTAKTを購入済みではありますが、(安定感のある)正攻法でお得に入手する場合はどうすればいいか、というメモ的な何かを書いてみます。

まず現行のKONTAKT 6の標準価格は以下。

フルバージョン
53700円
アップデート・フルバージョン
KONTAKT1-5のユーザーが対象
13400円
クロスグレード
サードパーティ製の特定のライブラリ所有者が対象
33500円

過去のKONTAKTを持っていない場合は、狙うのはクロスグレードでの購入となります。

そして、Native Instruments社は定期的にセールを行っており

    Summer of Sound
    ほぼすべてのソフト製品のアップグレードとアップデートが半額
    だいたい6月いっぱい(2021年は6/30まで)
    ブラックフライデー(Thanksgiving、CYBER SEASON等)
    名称は年ごとに変わる模様
    ほぼすべてのソフト製品の新規購入、アップグレードとアップデートが半額
    新製品は対象にならない場合がある
    だいたい11月中旬以降から11月いっぱい

という2つのセールは毎年行われると考えていいでしょう。

ブラックフライデーでは新規購入も半額になるのですが、新製品(去年の場合はKOMPLEETE 13)がセール対象外になったりするので注意が必要です。
現在は6月末までSummer of Soundセール中のため狙うなら今のうち。


ではKONTAKT 6をクロスグレード価格で買うためのサードパーティ製ライブラリが何なのかという話ですが、公式サイトに掲載されているリストの中からどれかを購入すればいいようです。……数が多すぎてどれがいいのやら。
日本円で1万円以上になるものも少なくないので、お手頃なライブラリを探すのも一苦労ですね。

自分がざっと見た中で一番お手頃なライブラリがSoundiconのもので、NKS / KONTAKT PLAYERのカテゴリ内であれば全てクロスグレードに対応しているようです。ここは各製品ページでもクロスグレード対象であることが記載されており親切です。

例えばここのApocalypse Percussion Microを39ドルで購入した場合、その後6月中にKONTAKT6をクロスグレード価格で買えば16750円となります。
39ドルが4300円程度とすると計21050円であり、これはフルバージョンのKONTAKT6を半額で買う(26850円)より安い価格。
単純に金額だけで比較するなら10100円以下のライブラリを購入するとクロスグレードの方がお得になる計算です。


クロスグレード対象のライブラリは全て無料のKONTAKT Playerにも対応しているようであるため、単純にリストの中で気に入った音源があれば買ってみることで後への投資にもなります。新たにKONTAKTを買うことを検討している場合は、クロスグレード対象リストを見てみるとよりお得になるかも知れません。

またクロスグレード価格でKONTAKT6を購入したあとは、そのKONTAKTを使ってSelect用アップグレード価格でKOMPLETEを購入することができます(KONPLETE 13の場合)。
6月中にKONTAKTを買って、半年後の11月にKOMPLETEを買うというプランが可能になるわけですが、決してお安い買い物ではないのでご利用は計画的に。
また11月までにKOMPLETE 14が発売された場合、その年のブラックフライデーではKOMPLETEへのアップデートが半額にならないため次の6月まで待つ可能性が高いということも注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です