VSTを作ってみる(有音)

前回無音を鳴らすVSTを作ったことを書きましたが、
その後に無音ではない音を鳴らすVSTiも作っていました。
こちらはパラメータの数がだいぶ増えて、現在はこんな感じになっています。

見る人が見ればこれだけでどんな音が鳴るか把握できるかも知れませんねー。
画像が縦に長いので音のサンプル等は続きに。
続きを読む VSTを作ってみる(有音)

VSTiを作ってみる(無音)

DTMをする上で、エフェクトやシンセとして多くの場合使うことになるVSTを試しに作ってみました。

過去にも(特に公開していない)フィルタやスタッターみたいなものを作ってみたことがあったりしますが、その時の規格が現在では非推奨となっているVST2のものでした。
現在はVST3に切り替わり内部の仕様も大きく変わっているものの、SDKにサンプルが数多く入っているので試作段階までは比較的作りやすいように感じました。

そして作ってみたものがこちら。今まで作ったのはVSTeだったのでVSTiを作ってみるのは初めて。

……音符が置かれている間だけ無音を演奏します。入力音声はサイドチェインで他のトラックから持ってきます。
これだけだと使い所があるのかどうか怪しい感じですね。現時点でも一往は人力サイドチェインコンプレッサー的な使い方ができなくもないやつです。

GUIはまだ全く手をつけておらず面倒そうですが、機能を増やしたりしてある程度形になったら何らかの形で公開したいなと思っている次第です。

mac版を追加してみるテスト

譜面配置ツールBe-Sequence Object Placerと、公開から時間が経って今更感のあるbroox-lのmac版を公開してみました。

LÖVE製なのでmac版のappファイルも比較的簡単に作れるのですが、macOSはCatalinaから所謂野良Appが全てマルウェアの疑いのあるものとして扱われることになったので、ダウンロードしたAppを開く際はCtrlを押しながら開くなどしないと起動することができません。安全を担保する意味でzipファイルのチェックサム的なものを記載したほうがいいのか知らん。
マルウェア疑惑を晴らすためにはAppleにファイルを送信して公証を受ける必要があり、これのために年99ドル払ってApple Developer Programに登録するのは割に合わないため当分はこのままとします。そもそもLÖVE製のAppで公証を受けられるのかは謎なところ。

macOS配布用のAppファイルを作るにあたって、現在のwikiに記載されている方法ではAppのアイコンを変えることができなくなっていたため、Assets.carを変更する別の対応を行う必要がありました。これについては恐らく後日メモ代わりにまとめておきます。

続きを読む mac版を追加してみるテスト

BSOP 0.8

譜面配置ツールBe-Sequence Object Placer(BSOP)をVer.0.8に更新しました。
Ctrl+上下カーソルキーを押すことでロングノートの配置ができるようになりました。
動作はだいたい問題ないかと思いますが、RDMタイプ1(50と60番台のチャンネルを使うもの)の場合は怪しいかも知れません。
このロングノート配置機能ができたことで、作りかけの自作の音楽ゲームの譜面も大分作りやすくなる予定です。

また今回の更新で画面上部にメニューバー的なものを追加しています。今後画面右にも情報表示エリア的なものを追加する予定のためそれほど問題にはならない範囲で徐々に画面が狭くなりそうです。

BSOP 0.7

昨日の更新になりますが、譜面配置ツールBe-Sequence Object Placer(BSOP)をVer.0.7に更新しました。
主な更新点はデータの保存時にエラーがよく発生していた点の修正と、正常に終了しなかったときに復帰できるためのバックアップ機能です。

エラーがよく起こっている時点でツールとしてまともに使うには難しかったBSOPが、今回の更新である程度安定して使うことができるようになりました。……といいですね。前回保存時の状態で復帰するバックアップ機能もちゃんと非常時に動作できるかはしっかり確認できていないので、念を押す場合は手動でも別途バックアップを取っておいた方が吉です。

あとはマウスの左右ドラッグでレーンを左右にスクロールできるようになっています。操作性も(自分用に)ちょっとずつ改善していけたらいいですね。
次の更新では自作のゲームの譜面を作るうえで必須なロングノート周りを実装していきたい予定。

ツール(Be-Sequence Object Placer)公開

本日、新しくBe-Sequence Object Placer(BSOP)というツールを公開しました。
所謂未配置BMSツールから演奏用の譜面データを作るためのツールです。
uBMSCにもある「キーボードからレーンに配置する」機能専用みたいなやつ。

以前に作ったBeMidiSlicerWaveEffectSplit-erを組み合わせて使えばBMSの作成が可能です。使い勝手は……?

略称がBeSOPとBSOPで安定していないのは決めかねているからです。どちらでもいいですか。

もともとは製作中の音楽ゲームの譜面配置用ツールとして作っていたものですが、Twitterで予想以上に反応があったため急ぎ公開してみた次第です。
まだ機能が足りていない部分があるものの、特殊でない7KEYS譜面なら多分問題ないのではないかと。

ロングノートとか14KEYSとかの対応は今後追加していきます。多分。

続きを読む ツール(Be-Sequence Object Placer)公開

BeMidiSlicer更新

書こうと思っていた内容はあるものの、何もないまま8月が終わり9月に入ってしまいました。毎回こんな感じですねー。

9月になって早速、完全に自分用のツールBeMidiSlicerをVer.0.96に更新しました。
更新点は複数トラックのオプションをまとめて編集できるようになったところです。
他にも色々追加したい機能はあるのでちまちまと作業したいところではありますが、如何せん(主にGUI周りが)なかなか面倒で腰が重い問題。

現状追加したいと思っている内容は

  • キースイッチ
  • サイドチェイン(複数トラックをひとまとまりとみなす)

の二つ。どちらもMIDI出力が多少ややこしくなりそうで腰が重いという。
現状でも曲を書き出す時点でトラックを分ければ手間は掛かれど一往の対応ができてしまうというところも、優先順位が下がっている要因となってしまっています。

これと併せて全く進んでいない音楽ゲーム作りの方も少しずつ取り掛かっていきたいですね。
BeMidiSlicerが音切り補助ツールにあたるので、後々は譜面配置補助ツールも欲しいところ。
……まずはゲーム自体が形にならないと駄目ですか。

スマートフォンで画面最下部へスクロールしたいブックマークレット

色々と書こうと思っていた内容はあるものの結局書かないまま10月の終わりとなってしまいました。
beatmaniaIIDXの新作とか寿司が走るゲームとかの内容でそのうち何か更新すると思います。

今回は以前に作ったスマートフォンでネタバレ判定したいブックマークレットに続きブックマークレットについて。今もたまに使っています。
さてiPhoneのsafariではネタバレ反転できないほかに、「画面最下部までスクロールする手段がない」ということも度々厄介に感じることがあります。
縦に長いページの最下部にナビゲーションボタンがある場合なんかはなかなか面倒。

画面の最上部をタップするとページの一番上にはスクロールできるのにその逆が無いのは面倒ですねということで、これに関してもブックマークレットを作ってみました。
検索すると既にたくさん出てくるので自分で作るまでもなかったりするんですけどねー。折角なので物は試し。

ということで続きからどうぞ。
続きを読む スマートフォンで画面最下部へスクロールしたいブックマークレット

続・スマートフォンでネタバレ反転したいブックマークレット

以前にスマートフォンでネタバレ部分を反転したいブックマークレットを作ってみましたが、どうもこれでは反転できないテキストを発見してしまいました。
(反転できなかった例:WikiPedia「あぶりだし」

というわけで、このパターンでも反転できるように少し改良?を加えてみました。
以下続きから。
続きを読む 続・スマートフォンでネタバレ反転したいブックマークレット

ツール(BeMidiSlicer)公開

BeMidiSlicerなるツールを公開してみました。
Midiの音をバラバラにして間隔を開けたMidiを出力するツールです。…と書いて伝わる感じがありませんね;

ちょこちょこ作っていたワンキーゲーム等の自作ゲームで使うためのツールだったので、もともとは公開する目的のものだったわけではありませんでした。
数年前に作ったこのツールにバグがあり、折角だから全面リメイクしてCUIからGUIに作り直そう→折角だから公開してみよう、という流れとなります。そのため自分以外に利用価値があるかというと何とも言い難い部分があります。

そしてこのツール、Midiを出力するほかにフリーの音楽ゲームのフォーマットであるBMS形式での出力も行えます。キー音をバラバラにしてMIDIを書き出すのでそれをトラックごとに録音してカットすれば形になります、みたいな。
とはいえこれもBe-Music HelperMid2BMSを使えばいいでしょうという話でありますので、物好きな方が試しに使ってみる程度でいいんじゃないかなーと。

音切り補助ツールとして使えるものの、BMS作成用として使用するにはこれだけでは完結せず、書き出した一本のWavファイルを空白部分で分割していく必要があるため、こちらは別途どうにかして頂くという作業がさらに出てきます。
この作業を行うためのWav分割ツールも過去に作ったものがあるのですが、やはりCUIの雑な作りであるため公開するにはやはりGUIでリメイクする必要があり、作るとしても後のこととなります。

しかしどういうツールなのか説明しづらいので後々に画像を使った説明でも載せておきたいところですねー。
続きを読む ツール(BeMidiSlicer)公開