1年

このサイトを移転してから一年が経過したようです。
我ながら驚くほど何の更新もしていないですね;

独り言の更新も少しは多くなるかと思ったもののそうでもなく。
あまり義務感を持つのも却ってよくないので気分次第による更新は続けようと思っております。

最近作っているもの・予定しているものとしては

・曲(ほぼ完了)
・曲(全く手付かず)
・ブロック崩し(停滞中)
・ゲームのような何か(非公開)

という感じで、如何せん公開できるものが全く進んでいないという。

このウェブログのデザインもちょっと調整したいと思いつつ全く出来てません。
ちょっと文字間隔というか間延びしている感じがするあたりをこう。

VOEZ

先日公開されたrayarkのiOS/Android用音楽ゲーム、VOEZをプレイしてみました。
同社のゲームはCytusを少し触ったくらいでDeemo等はプレイしたことがないのですが、
スタイリッシュな雰囲気とイラストや大まかなストーリーがある点は共通しているようです。

VOEZは上から落ちてくるオブジェクトが判定ラインに重なった瞬間にタップするタイプのごくオーソドックスな内容ですね。
ただしタップする横位置を示すレーンが曲に合わせて左右に動いたり分裂したり色が変わったりと視覚的に様々な演出がなされる点が特徴である模様。
他の音楽ゲームの場合だと、プレイするレーンとムービーが完全に独立していてレーン自体は真っ黒の背景だったり(beatmaniaIIDXとか)、またプレイと演出を一体化させるようなタイプのものはタップ位置も大きく変わるため覚える要素が多少大きかったり(Groove CoasterやTone Sphereとか)するところ、
このゲームは演出によるタップ位置の移動を横方向のみで縦方向の速度は固定のみであるため、視点はある程度固定させつつダイナミックな演出を楽しめる作りとなっています。

演出重視でスライドするマーカーが見づらいこと自体はアリなのですが、それに加えて横方向の判定がややシビアで見えづらい位置を探っているうちにミスになってしまうあたりが玉に瑕?
また無料で遊べる曲は一定期間ごとに入れ替わりになるみたいですが、この間隔が日替わりとかではなく一週間以上(なのかは不明)と長めの模様。
一度プレイして気に入った曲は雀を買って常駐させよう、というスタイルは難しそうです。

イヤホンの新調と

前回東京に行ったときに新しいイヤホンを買っていました。

それまで使っていたイヤホンはmoshi audioのkeramoというイヤホンで、あるときケーブルを強く引っ張ってしまったためか片耳だけ断線したような状態になってしまい。
折角東京に向かうのだからイヤホン専門店(e☆イヤホン)で新しいものを買おうという成り行きです。

前回のkeramoは大阪の方のeイヤホンで購入したもので、なかなかバランスのいい感じに鳴っていました。
少し安売りされていた知らないメーカーのものを試しに買ってみたものですが、見た目以上に重いセラミックの作りが印象的でした。

そして今回購入したものはRHAのMA750i。
オススメされていたのと店内のランキングでも2位だったこともあり購入。
イヤホンは買い換えるごとに少しずつ値段のグレードを上げていく方針です。

このイヤホンも評判どおり全体的にとてもバランスがよいものだと思います。
思いますがイヤーピース次第で大きく音が変わることも分かったので何とも判断しづらく。
今使っているコンプライの低反発なイヤーピース(ほぼ耳栓)だとどうしても高音が若干弱くなってしまうようです。
試聴のときに使った付属のイヤホンは逆に低音がよく聞こえず「?」な印象でした。
イヤーピースで聴いた感じが変わってしまうのも難しいところですねー。

またケーブルの長さが1.3mくらいあるので、出かけた先で使う分にはやや長く感じます。
音楽ゲームに使うにはSHURE掛けとあいまって取り回しがそれほどよろしくありません。

これからイヤーピースも色々変えながら使っていこうと思います。

博麗神社例大祭

先日5月8日はまじっくあわ〜として博麗神社例大祭13に参加しておりました。
サークルとしては特に新作があったりするわけではなかったので、空いた時間にほかのスペースを回ったり音楽ゲーム(太鼓の達人とMÚSECA)をプレイしたりしてきました。ボルテみくじは中ボル。

イベントも13回と長く続いているようですが参加者は変わらず多く、平均年齢はむしろ下がっているとか。
同人ゲームもUnity製のものがあったりPS4に進出していたりとトレンドに乗っていてよいですねー。

ゴールデンウィーク

二週間ほど前に地震が起きましたが、こちらは特に被害もなく無事であります。
取り敢えず生存報告まで。

携帯電話が最初に地震速報を伝えた時は歩いていたこともあってか全く揺れに気付かず、帰った後に起こった揺れが震度4くらいかーと思っていたところ震度5弱との発表。
身の回りでは物が落ちる等の被害もありませんでした。

そして今日からは所謂ゴールデンウィークが始まりしたね。
このところ作るものの作業も全く始まっていないので休みの間に進めたいところです。

詰まる

制作が途中で詰まるとなかなか再開できなくなるもので、今まさにその状態となっています。
原因が分かってしまえば全く大したことがない問題であることが多いのですが、一度止まってしまうとなかなか始まらない。
始めてしまえば惰性力はそこそこにあるので最初の摩擦力が問題となります。

こういう時に他に作れそうなものが浮かんでしまうので、新しく別のものを作ろうか(=逃避)と思うこともよくあり。
これが続くことで完成できるものが存在しないエターナル空間が生まれるのでありました。どっとはらい。

DDRA

先日バージョンアップしたDanceDanceRevolution A

選曲画面が変わったりオプションが一部マイページから変更する形になったりしていますが、
曲を選択後オプションを開いた際の残り時間が10秒になっているのはインターバルを確保させない意味(?)でも良い変更だと思います。
オプションは曲決定前に設定すべし。
ほぼ固定しているCLASIIC矢印+FLATオプションもマイページからの設定でした。

マイグルーヴレーダーの機能が消えた点は、プレイする上での目標になりうる要素だったのでいただけないところ。
自分はあまり執着はしませんが、ダンスドリルなりスキルシステムなり何らかの腕前の目安となる機能は必要そうだとは思います。

ともあれ一番気になるのは「EDIT機能が実装されるかどうか」ですねー。
最近の曲でEDIT譜面を作れる環境がないというのが一番の問題ではあります。

BGMとステージと

少しずつ作っているブロック崩しはステージを移動する処理に苦戦しているところです。
Lime Ballと同じようにある程度BGMと同期する形で動かす予定ではありますが、今回はステージごとに曲が変わる形で作ろうと思っているので曲も作る必要があり。
今の所ステージの具体的なイメージがほぼないので形になるのは先になりそうです。

ここにタイトルを入れる

独り言をウェブログに移行した理由として「携帯電話からも投稿できる」という点もあったのですが、記事ごとにタイトルを入力する必要がある点がどうも枷になっている感があります。
今までがタイトル無しの日付だけだったということが大きいので慣れの問題なのかも知れませんがー。

特に内容のない内容を書くのにタイトルを記入するとつまり内容を代表するキャプションが必要なわけで、かといってタイトルを表示しないスタイルにするのも何か違う気がするというアレ。
この投稿も携帯電話からの投稿なのである程度使っていって慣れてみることが先決でしょうか。

ブロック崩し

Twitterで動画を上げてみましたが、現在ブロック崩しを作っています。
内容としては以前に作ったLimeBallの続編のような感じです。
去年にDirectX9で作っていたものをDirectX10に置き換えて、内容はほぼ変わりなしという状況。

Twitterへ動画を投稿するテストとしてツイートしてみたのですが、
Echofonから投稿するとmobypictureにアップロードされるみたいですねー。
現在は正式に動画に対応しているようなので後に公式クライアントから投稿したものが(再)となります。
作ったものを紹介する方法としては比較的手軽に見られていいかも知れません?